LEDの時代

LEDの照明器具が世に出てきてもうずいぶん経ちました。
最初のうちは、それまでの蛍光灯や白熱灯に比べるとかなり高価で、乗り換えるのには結構勇気が必要でしたが、今はLEDも出回り初めの頃ほどではなく、長持ちするなら買ってもいいかな・・と思える程度の値段設定になっています。
よく言われていることですが、LEDの長所は、蛍光灯などに比べて消費電力が少ないことと、長持ちであること。単価が少々お高くても、電気代が減り、買い替える機会が減るならモトは取れる、という利点があります。

このため、個人宅であれば部屋の照明から庭のガーデンライトに至るまで、公共の場所であれば、建物照明や信号機に至るまで、蛍光灯や白熱灯からLEDへの乗り換えが進んでいる現在です。
ガーデンライトといえば、最近は冬期のイルミネーションなどを個人宅で飾るなど、エクステリアに何気ない照明を点すことも盛んになっています。
ほんのり照らしてくれるガーデンライトや、灯りで浮かび上がる庭の草花を見ると、夜の屋外もなんとなくホッとします。
こういったガーデンライトに関しても、蛍光灯からLEDへの切り替えが進んでいます。設置や使用に関して、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

イチ押しリンク

Calendar
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031